2010年05月17日

「高齢者住宅、需要の発生に3つの“タイミング”」(医療介護CBニュース)

 「改正高齢者住まい法後の高齢者専門賃貸住宅実践セミナー」が5月12日、東京都内で開かれ、明治大理工学部の園田眞理子教授は、高齢者の住宅需要には3つのタイミングで発生すると指摘。そのタイミングに合わせた商品販売などを提案した。

生活支援付き高専賃などの補助事業で説明会
高齢者居住安定化モデル事業、第2回は21件を選定―国交省

 園田教授は、高齢者住宅の需要について、▽65歳前後(男性の単身借家世帯が中心)▽75歳前後(配偶者と死別したり、身体に不安を覚えたりした女性が中心)▽要介護状態になった時(男性は75歳以上、女性は80歳以上)-の3つのタイミングで発生すると分析した上で、「65歳で新たな住宅が必要となる単身借家世帯の男性には、見守り付きの高齢者アパートを用意するなど、それぞれの立場や経済力に応じた住宅を提案する必要がある」と述べた。

 セミナーでは、国土交通省住宅局の武井佐代里企画専門官と厚生労働省老健局の廣瀬泉課長補佐も講演。高齢者住まい法が一部改正され、高齢者円滑入居賃貸住宅に「一戸当たりの床面積は原則25平方メートル以上必要」「原則として各戸に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を設置する」などの登録基準が設けられた点などを紹介したほか、各種申請を行う際の具体的な注意点についても説明した。

 また、長谷工総合研究所の吉村直子主任研究員や学研ココファンの小早川仁社長が、デイサービスや内科、歯科クリニックまで伴った高専賃など、高齢者向け住宅の先進事例を紹介した。


【関連記事】
ケア付き高齢者向け住宅の選び方で小冊子―東京都
生活支援付き高専賃などの補助事業で説明会
高齢者向け住宅のサービス指針を策定―東京都
高齢者居住安定化モデル事業、第2回は21件を選定―国交省
高齢者住宅の整備は将来を見据えて―住生活月間でフォーラム

<NPT会議>日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
<訃報>神戸守一さん86歳=およげ!たいやきくんのモデル(毎日新聞)
子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
大学生の基礎学力低下、提携の高校で補習へ(読売新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
posted by イワキ シゲオ at 17:57
"「高齢者住宅、需要の発生に3つの“タイミング”」(医療介護CBニュース)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。